面長、離れた目を寄せる、頬骨を引っ込めるは改善することができない理由。

大阪の小顔矯正・姿勢矯正専門サロン天衣無縫の谷内です。

今日のテーマは「面長、離れた目を寄せる、頬骨を引っ込めるは改善することができない理由。」です。

小顔矯正といってもできることとできないことはあります。

一時期の小顔矯正ブームの時に悪徳業者が嘘ばっかりテレビで言うから
一般ユーザーの方が誤解をしてしまったという事実があります。

その根源は「骨が動く」というものです。

頭蓋骨は23個のパーツで分けられ、それぞれのパーツの間には隙間がある。
その隙間は年とともにだったり、生活習慣が原因で歪んでくる。

その歪みを小顔矯正で改善することによって、
顔が一回り小さくなる・・・と言う大ウソをテレビで言ってた時代がありました。

そのせいで、実際には小顔矯正では不可能なことまでも、
お客さんが求めてしまうようになったのです。

これは実に私としては歯痒く、寂しい思いです。
真実を伝えることができていなかった私の責任でもあると感じるからです。

本題に戻りますと、骨が動かないということは
上記3つの改善は難しいということになります。

面長、顔のパーツを移動させる、頬骨を押し込むというのは
骨の移動を伴いますから、実際には不可能だということです。

じゃあ何ができんねん!
となるのですが、それはマッサージで筋肉をほぐすしかないということです。

あなたが顔に何かできることは、
この筋肉を動かす以外にはありません。

どうぞ他の動画を参考に顔の筋肉をほぐしてください。

過去のブログ一覧はこちら

ここまでホームページを見ていただいたあなただけに特別な提案です。
12月24日(日)まで先着 6名 様限定 → 残り1名
campaign
ただし、以下のような方は当院には向いておりません。
  • 興味本位でお試し感覚の強い人
  • 美容のために時間とお金を投資できない人
  • たった1回の施術で改善を求める人
  • 指導したホームケアを真剣でやらない人
  • 遅刻や当日キャンセルなど時間にルーズな人
逆に、以下のような方には当院は必ずお役に立てます。
  • 何が何でも小顔になりたいという気持ちがある人
  • 美容・健康に時間とお金を投資できる人
  • ホームケアを真剣に取り組める人
  • 生活習慣を改めようと努力できる人
  • 予約時間をしっかり守れる人
tel line